財産の評価額
スポンサードリンク

財産の評価について
財産の評価は時価で行うのが基本ですが、相続財産を実際に現金に換えてから相続財産の評価をするわけではないので、国税庁が作成する基準によって評価を行うことになります。
このページでは代表的な相続財産である土地と株式の評価についての基礎を紹介します。

土地の評価
宅地
宅地の評価方法は次の2つがあります。

[路線価方式]・・・
市街地にある宅地に適用されます。路線価(宅地が接する道路に付けられた価値)をもとに評価します。
路線価は税務署で調べることができます。
[倍率方式]・・・
郊外地や農村部の宅地に適用されます。宅地の固定資産評価額に一定の倍率をかけて評価します。

株式の評価
株式の評価は上場株と非上場株で異なります。

[上場株式]・・・
次の①~④のうちの最も低い価額で評価します
①課税時期の終値
②課税時期の属する月の終値の月平均額
③課税時期の前月の終値の月平均額
④課税時期の前々月の終値の月平均額
※課税時期・・・被相続人の死亡の日

[非上場株式]・・・
会社の規模(資本金・従業員数・業種によって分類)や株主の構成によって評価方法が異なってきます。
上場株式に比べて評価はとても複雑です。

スポンサードリンク

menuへ ページのトップへ