相続税の基礎控除
スポンサードリンク


基礎控除・・・
相続税には[基礎控除]が設けられています。
相続財産のうち、基礎控除額を超えた分に対して相増税は賦課されます。

基礎控除の額は、5,000万円+(法定相続人の数X1,000万円)です。
例:相続財産7,000万円、法定相続人が妻、子2人の合計3人の場合
5,000万円+(3人X1,000万円)=8,000万円
この場合、相続財産は基礎控除額未満ですので相続税はかかりません。

例:相続財産1億円、法定相続人が妻、子2人の合計3人の場合
5,000万円+(3人X1,000万円)=8,000万円
この場合、1億円-8,000万円=2,000万円に対して相続税が賦課されます。

arrow 法定相続人についてはメニューの[HOME]をご覧ください。
スポンサードリンク

menuへ ページのトップへ